スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

脳卒中になって、片麻痺になった。〜その2「診断まで」

2,結局何だったのか?
いわゆる脳卒中です。わたしも脳卒中ってお年寄りがよくなって命を落とす病気くらいの知識しかなかったんです。年齢は関係ないそうです。脳卒中は脳の血管が切れる脳出血と、脳の血管が詰まる脳梗塞に大きく別れます。脳出血は、脳溢血という言い方もありますね。脳溢血はなんとなくその後に享年〜と続く気がするのは気のせいでしょうか。私は脳出血のうち割りとポピュラーな被殻脳出血というやつでした。出血は右脳でした。この右左どちらが出血対象かによって、その反対側の半身に影響がでるそうです。
脳卒中についてはこちらを見てください。

3,なんか予兆はあったのか?
こんな病気になったのに、なんか前から辛かったんじゃないの?、無理するから・・・と言われましたが、実は明確には全然ないんです(笑)。でも今思えば因果関係はあったかなということを。

・高血圧の傾向はあった。
2年位、血圧の測定で、140となり、医者に行ってくださいと言われました。ほらーと言われますが、指摘されて病院に行くと120位なんですよね。高血圧の治療って、血圧を下げる薬を死ぬまで飲み続けるってことしかないので、医者でも「うーん微妙だね」と言われるほどでした。これがまず良くなかったですね。今思えばですが。

・夏前から慢性的に頭痛があった。
頭痛というか肩こりと合わせた頭痛があり、バファリンを常用していました。といっても痛いなと思ったら飲む。飲むと痛みが消えるといった感じです。

・寝不足だった。
睡眠時間が、いろいろなことが重なり少なかったと思います。肝臓などの数値も悪かったです。これらを夏バテということで自分の中では結論づけていたというのが正直な所です。でもそうではなかったんですね。

・寝る前に無酸素運動をしていた。
寝る前に、スクワットや、腹筋、背筋をやっていました。これは息を止めてしまう無酸素運動で良くないそうです。

4,ところで痛みはあったのか?
ここまで私、痛みのことを何も書いていませんが、不思議に痛みはなかったんです。でもこれは私のタイプの被殻外脳出血でのことであって、例えば有名なくも膜下出血は、金属バットで殴られたような痛みがあるそうです。私は幸いにも金属バットで殴られたことはないのでわからないですが、おそらく相当痛いのでしょう。出血したーという意識もずきずきもなかったですね。私の場合は「たまたま」痛み…

最新の投稿

脳卒中になって、片麻痺になった〜その1「最初の1時間」

若い人は年上の人の時代背景がわからない。

新しいblogを始動させるために、2017年現在の適切なblogサービスを探してみた。

とってもバーベーキューに便利なロータス・グリル!

CAMERONS スモーカーで意外と簡単な燻製作り

箱根の観光客に戸惑いも 半径300mに避難指示(15/05/06)

箱根の大涌谷に今行くかどうかの判断は?

ミニストップのコーヒーにしかけられた「ささやかなトラップ」

ユニクロはファーストロットとファインクロスだけがお得です、という話。

Apple Watch使用記(3)メールやLINEの着発信はいまいちだね